鼻につく「自慢」や「見栄をはる」自己アピールはマイナス

- 鼻につく「自慢」や「見栄をはる」自己アピールはマイナス

鼻につく「自慢」や「見栄をはる」自己アピールはマイナス

スタービーチだけではありませんが、出会い系サイトのプロフィールではつい自分をアピールしすぎてしまいます。
アピールしすぎるといえばまだいいのですが自慢や鼻につくような態度では出会えません。

プロフィールでありがちな失敗

プロフィールはあなたの分身です。
それを読んだ人があなたがどのような人なのか理解するために使用するにあたってはとても便利なものです。
ですから、自分のことを思う存分にアピールしたいと活用する人がいたとしても、それは当然のことでしょう。
むしろ単純で平凡でどこにでもいるような、印象に残らないプロフィールを書くくらいでしたら、少しは自慢してもいいくらいです。

自慢は紙一重

自慢は自己アピールと鼻につくことの紙一重といっても過言ではありません。
自慢しすぎれば、鼻につく態度を取っていると相手に思われてしまって嫌われることもありますし、連絡をしても無視される恐れもあるのです。
自己アピールが上手にできていれば、魅力的な人だという印象だけ残してやりとりを続行させることができるかもしれないのですが、そうではない場合にはただの自慢している人だという印象が強く残ってしまって、連絡をしてもらえない可能性が高いのです。

自慢はほどほどに

自己アピールはもちろん必要ですが、自己アピールと自慢は別問題ですので、自慢をする際はほどほどにしましょう。
相手がうんざりするほどの自慢をして鼻につく人だという印象を付けないことが重要です。
相手に対して鼻につく態度を取っているつもりはなくても、見ている人、読んでいる人からしてみれば鼻につく態度だと思ってしまうことだって大いにありますので気をつけたほうがいいでしょう。
これからプロフィールを作成する人は、重要なプロフィールですから、自己アピールをしたいと思っている気持ちもわかりますが、自慢しすぎない程度にほどほどの自己アピールを考えたほうがいいでしょう。
しすぎるとただの鼻につく人という印象だけになってしまいます。

Copyright(C)2016出会い系サイト攻略への道はプロフ作成から第一歩All Rights Reserved.